タイトは「快適に永く住まうをサポート」いたします

お問い合わせ

0120531106

配管の施工事例

2017.04.24保温筒の役目

暖かくなってきましたね。
先日お客様からある工務店で施工したエコキュートの方から水か出て、何とかしてほしいとの依頼があり
駆け付けたところ
burogu.jpgのサムネイル画像



こんな感じで回りがびしょびしょになっていました。
パイプが露出しているところに無数の亀裂がありそこからの漏水でした。
結局二本とも新しいパイプに交換しました。
紫外線対策にもなる保温筒でありました。
   

2013.03.01【富山市 配管やり替え】安心してお任せできありがたく思っています。

img1.JPG

職人の方々も熱心に誠実にやっていただき、安心してお任せできありがたく思っています。

事前の説明もよくしていただき、変更点もきちんと話をしていただき納得のいく工事をしていただいたと思っています。

将来また不都合な事が起これば貴社にお願いしたいと思っています。

工事費も良心的にまとめてくれたのでありがたかったと思います。

富山市 Y・O様(50代)


2013年2月19日
施工内容:給水給湯配管全面やり替え

2012.09.13放っておくと危険です!!水道管の『赤水』

こんにちは。

今回は、お電話よりのお問い合わせで
「蛇口をひねると赤い水が出て来て、
日に日にひどくなっていく。」との事。
様子を見に行くと、見える所の管が錆びているのが分かります。
↓こちら配管部分、鉄管使用。
配管サビ①_01.JPG
お客様にご説明し、後日作業にお伺いしました。
↓土の中は、この状態です(掘らなければ、解りません・・)

地中内鉄管配管サビ極限状態P1000779_01.JPG
↓切除した配管部分。
↓この様に管の中は私たちが思っている以上に、スゴイ事になってるんです!!

配管内赤サビP1000714_01.JPG
ブログを読んで下さってる方の中にも、
蛇口をひねると『赤い水』が出てきたことはないでしょうか?
「水を出していると、そのうち透明になるから。」
と、言われる方も、要注意です!!!
◇築20年以上のお宅
◇赤水が出る
◇水が臭う
◇水の出が悪い    など・・・
 これらの症状が出てきたときは、水道管の寿命が近づいてきている証拠です。
赤サビは人体にとっては勿論、建物にとっても良い影響を与えません。
少しでも心当たりのある方は、早めの連絡を・・。
大切な家族、大切な家という財産が悲鳴を上げる前に・・・。
●ご質問、ご相談はお気軽に(^-^)
タイト永田忠司似顔絵(オレンジ作業衣)20120625_01.JPG
◇◇ フリーダイヤル『0120-531-106』
  *携帯からでも繋がります。

2012.07.17水回りのリフォーム『配管やり替で、赤水解消!!』

今回は、お客様より「水道から赤い水が出て来て困っている」 
との相談を受けた時のお話です。 
 
ホームページにも「赤水」を掲載してありますが、 
赤水の原因として水道管のサビによる可能性が1番にあげられます。 
 
今から20年前の水道管は、鉄管が主流だったため、 
その鉄管がサビて、水が出でくる時に一緒に赤いサビも出てくるのです!! 
 
   ↓見た目にも不快な、サビによる赤水 
赤水before20120426.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

赤水は、見た目が不快なだけではなく、人体への悪影響があります。 
放って置いても良くなることはなく、徐々に配管全体に広がっていきます。 
 
タイトの、配管やり替作業は、 
『架橋ポリエチレン管』という温度・強度に優れている素材を使い、 
金具と金具をつなぐ『キューメックス』という施工にて、 
さらに耐久性を高くします!! 
 
   ↓こちらが、今回のM様邸床下 

床下配管完了後.JPG

 

 ↓トイレ配管つなぎ部分(工事途中写真)

トイレ配管つなぎ部.JPG

 ↓トイレ配管リフォーム後(配管が奇麗に隠れていますネ)

トイレ配管完了後.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓洗濯機の配管部分もスッキリ

洗濯機配管完了後.JPG

今回は、中の部分の作業のため、見た目にはほとんど変化はありませんが、 
何よりもお住まいのM様ご家族が、1番に変化を実感されたことと思います。 
赤水after20120426.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 
 作業2日後に、お伺いした所、 
「赤水が出なくなって本当に良かった。 
タイトさんに勧められて配管を取り替えて本当に良かった」 
    
       と嬉しいお言葉を頂きました。 
 
お客様の喜ぶ顔が、タイトにとって1番の喜びであり、 
励みへとつながります。 
  

 タイト永田忠司似顔絵(オレンジ作業衣)20120625_01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご家族みんなが笑顔で、過ごせるように・・。 
タイトが、お手伝い致します❤ 
 
ご相談はお気軽にどうぞ。 
お客様にとって、1番のご提案を致します! 
 
◇◇ フリーダイヤル『0120-531-106』
 *携帯からでも繋がります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012.07.05お家の水、赤くありませんか?《水道管の腐食》タイトが解決いたします

私たちの生活に『なくてはならない 水』 
水は『大切な大事なライフライン』の1つです。 
 
今日は生きていくにあたり、私たちにとって必要不可欠な 
『水』についてお話します。 
 
まず、蛇口をひねると『赤い水』が出たことはないでしょうか!! 
「最初は赤いけど、しばらくたてば透明になるわ」 
と、言われる方も、要注意です!!! 

赤水before20120426.jpg

 

①築20年以上のお宅 
②赤水が出る 
③水が臭う 
④水の出が悪い    など・・・ 
 
これらの症状が出てきたときは、水道管の寿命が近づいてきている証拠です。 
赤サビは人体にとっては勿論、建物にとっても良い影響を与えません。

配管内赤サビP1000714_01_01.JPG

  「あら・・・・もしかして・・・。」 
と、思われる方、 
このようになっているかも? 

地中内鉄管配管サビ極限状態P1000779_01_01.JPG

  大切な家族、大切な家という財産が悲鳴を上げる前に・・・。 
お見積りは無料、タイトにご相談ください。 
 
タイトの『ヘッダー施工配管』です。 

ヘッダー施工配管P1000743_01_01.JPG

 

 お水もキレイになりました。

赤水after20120426.jpg

  ★ご質問・ご相談・いつでも受け付けております。 
 ◎タイト フリーダイヤル『0120-531-106』
    *携帯からでも繋がります。

 タイト永田忠司似顔絵(オレンジ作業衣)20120625_01.JPG

 

1

ページトップへ