タイトは「快適に永く住まうをサポート」いたします

お問い合わせ

0120531106

冬の凍結トラブル

北陸の冬は、雪や氷との戦い。気温が0度を下回ることも多い時期に、「凍ってる!」「お湯が出ない!」トラブルはぜひ避けたいものです。
水道管や給湯設備の冬支度、トラブルの対策は、冬が来る前に!!
タイトにご相談ください。

水道管が破裂したら…

1

水道管が破裂した時は、水道メーターの元栓を閉めて、水を止めてください
井戸水の場合はポンプの電源を切り、水を止めてください。
※水道メーターはほとんどの場合、道路と建物の間にあります。

2

すぐにタイトまでご連絡ください。
早急にお伺いし、修理いたします。

水回りのトラブルは水回り専門の「タイト」におまかせ!
ご相談、お見積もりは無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-531-106 メールでお問い合わせ

お湯が出ない、ボイラー・給湯器の調子が悪い

冬場に多い給湯器やボイラーの故障。迅速に修理・交換いたします!
また、給湯器が壊れた!という緊急事態でも、
故障の状況を再確認してみると故障ではない場合も少なくありません。
まずはタイトにご相談ください。経験豊富な一級管工事施工管理技士が原因を確認し、
最適なアドバイスをさせていただきます。

冬にボイラー・給湯器からお湯がでない場合は、バルブ部分で凍結している場合が多いです。
凍結対策がまだでしたらタイトまでご連絡ください。

また、10年以上お使いになられている場合は、そろそろ寿命かもしれません。
燃料費などを考えても取り替えた方がエコな場合が多いです。

水道管・蛇口が凍結したら…

1

凍結している部分にタオルなどを当て、40度前後のお湯をゆっくりかけてください。
※熱湯は管が破裂する恐れがあるので絶対に使用しないでください。
半日くらい時間が経つとほどんどの場合、水がでるようになります。

2

半日、様子見ても水が出ない場合は、タイトまでご連絡ください。

冬の水道管・蛇口の凍結対策

水道管の凍結対策をせずに放っておくと、水道管破裂などで水道管の入替え工事を行うことになり、費用がかさむことがあります。
そんなことにならないよう、しっかりと対策しておくことをオススメします。

赤水チェック!北陸の冬、
こんなときは要注意!

1つでも当てはまる場合は要注意注意が必要
外気温がマイナス4℃以下になったとき。
旅行などで長時間水道を使用しないとき。
1日中、外気温が0℃以下の「真冬日」が続いたとき。

水道管の凍結対策に

早い
水を少量流しっぱなしにしておく
鉛筆の芯くらいの少量の水を流すことで、凍りにくくなります。
出した水はヤカンに貯めるなどして、有効に使いましょう。
安心
水道管の水抜き
水道管の水を抜いて、水が凍るのを防ぎます。
水道の元栓の近くにある水抜き栓を閉めて、蛇口を回し、水道管の水を出してください。
安い
水道管に保温材を巻く
外にむき出しになっている水道管はとても凍りやすくなります。
水道管に市販の保温材を巻き、防水性のもので覆うとよいでしょう。
安い
便利グッズを使う

凍結しそうになると、温度を感知して自動的に少量の水が出て凍結を防止します。水温が上がると止まるので、お出掛けや旅行の時も安心です。

水栓金具にかぶせたカバーが通電し、凍結を防止します。1シーズン使用しても電気代は約80円。とても経済的です。

融雪装置の設置

水道管の凍結対策に

融雪装置のお見積りは無料です。まずはお問い合わせください。
タイトが最適なアドバイスをさせていただきます。

水回りのトラブルは水回り専門の「タイト」におまかせ!
ご相談、お見積もりは無料。お気軽にお問い合わせください。

0120-531-106 メールでお問い合わせ

ページトップへ