タイトは「快適に永く住まうをサポート」いたします

お問い合わせ

0120531106

お風呂・洗面所の施工事例

2019.07.10寒くて危険なお風呂を大改造!

こんにちは

株式会社タイトの笹岡です

 

日に日に夏に向かっているのが感じられる今日この頃です◎

今回は浴室リフォームのご紹介です

 

お仕事を引退され

お風呂の時間もゆっくりとれるようになったN様★

 

ゆっくりと浴槽に浸かって楽しめるユニットバスへリフォームしました


【施工前】

1562724387745.jpgのサムネイル画像

滑りやすく冷たいタイルの床、昔ながらの深い浴槽がとても危険です。

冬場はとても寒くて辛いと話しておられました。

【施工後】

1562724397339.jpg

ユニットバスにして保温性も格段に上がりました。

追い炊き機能も新しく付け、湯張りも自動でできるようになり便利になりました。


2019.03.25お風呂のリフォーム

浴室が昔ながらのタイル風呂で冬になると寒くてしょうがない。とお客様から相談を受けました。

暖かく快適なユニットバスに入れ替える事にしました。

既設浴室を解体後、老朽化で傷んだ家中の配管をやり替えて土間コンクリートを打設後に、

ユニットバスを設置しました。以前のお風呂に比べ、とても暖

7cfc8911185d9555efeaca4aafdaf818.jpg

かくご入浴頂けると大変ご好評頂きました。

KIMG0390.JPG

2017.04.12浴室シャワーカラン交換

2175.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

先日、富山市K様邸の浴室シャワーカランを交換させて頂いた西村です。



四月に入り、桜が花を咲かせお花見の季節がやってきました。


夜桜を見に松川へ行ってきましたが、まだまだ寒く花冷え感が否めず、暖を求め


ちょっと一杯、花見酒で心も体もほっこりして帰ってきました。



弊社のHPを見て「浴室シャワーカランのハンドルの調子がおかしい」とお電話が入り


早速、当日伺い拝見させて貰ったところ、切り替えレバーの不具合でポタポタとお湯・水が


ちゃんと止まらず気になる感じでした。



そう言った場合、私ども工事店としては2つの選択肢をご提案させて貰うのですが、


①不良箇所を見つけ、部品交換をして修理する


②同等器種を選定し、新しいシャワーカランを取り付ける


①②共にメリット・デメリットがあります。



①  メリット : 費用が抑えられる 

  デメリット : 年式が経っていると、修理したところ以外が次々と不具合を起こし、

           再起不能(部品がもう無い)になる率が高い


②  メリット : 新品なので今までの不具合は解消するし、省エネ設計でお得

  デメリット : 費用が部品交換より嵩む



メーカーさん的には、基本10年をめどに設計しているとお聞きするので、


弊社としては、使用して10年未満の商品は部品交換、10年以上経過している商品は


取り替えをおすすめします。


あくまでも目安でして、設置条件・使用頻度で異なりますので、お気軽にご相談ください。



最後に今回お客様は、新しいシャワーカランにお取替えを選択頂きまして、心地よくお使い


頂けてると思っております。


K様、どうもありがとうございました。 


2013.12.27劇的before-after『既設浴室躯体枠を利用、素敵なバスルームに大変身』

 こんにちは。
今回は、浴室をリフォームされた『富山市のY様宅』の設置事例です。

(Before)
 タイル浴室です。とても綺麗にされていますが、
↓どうしてもタイルの目地にカビが生え取れません。

   ①before既設浴室内部DSCN2777.JPG

  ②シャワー部beforeDSCN2779.JPG

 (After)
 Y様から『今の浴室躯体を壊さずにリフォームして欲しい』
 とのご要望でしたので1400種類のサイズバリエーションがある
↓『ぴったりサイズシステムバス』を設置、正にピッタリ納まりました。

  ①浴槽部afterDSCN3052.JPG

  ②シャワー部afterDSCN3072.JPG

 (After)
 今冬は雪が多く厳しい寒さが予想されている事から『浴室乾燥暖房』を
↓ご提案、採用いただきました。

 ③浴室乾燥暖房機DSCN3044.JPG

 Y様から『お風呂に入る時のヒートショックもなく、本当に良かった』と、
大変喜んでいただきました

この様にタイトは、お客様のご希望にお応え出来る事を
モットーに取組んでいます。

お客様の喜ぶ笑顔が何よりの励みです!!
ご相談は、お気軽にチョットした事でもお電話ください。
勿論お見積りは無料です。


◇◇フリーダイヤル『0120-531-106』
  *携帯からでも繋がります。

 

2012.09.05鉄管配管のトラブル事例!『何と、洗面台の給水配管内はサビがギッシリ』

こんにちは。
今日は、築25年の鉄管配管のトラブル事例です。
富山市水橋のE様より『朝、洗面台の水が出なくなったので
至急見て来て欲しい』との事で、早速お伺いしました。
お話をお聞きした所、半年位前から時々赤い水が出ていたが
少し流すと奇麗になるので、そのまま使っておられた様子。
しかし、最近水の出が細く、水圧も弱くなって来ていたので
心配していたが、ついに水が全く出なくなったとの事。
↓こちら、洗面台内部の給水配管つなぎ部分
(一見なんともない様にみえますネ)
洗面台配管つなぎ部_01.JPG
↓何と、ご覧の通り配管内部がサビでギッシリ詰まっています。
 これでは、水が出ませんよネ!! 
洗面台鉄管配管サビ_01.JPG
他の配管もサビている様子ですので配管のやり替えをご提案!!
タイトの配管やり替作業は、
『架橋ポリエチレン管』という温度・強度に優れている素材を使い、
金具と金具をつなぐ『キューメックス』という施工を行いますので
さらに耐久性がを高くなる事を説明。
タイト『ヘッダー施工写真』20110710_01.JPG
 ...今月、E様宅の配管をやり替える事になりました。
築20年以上のお宅は鉄管配管がほとんどです。
皆さんのお宅でも、気になる事がありましたら
お気軽にお電話ください。
『水回りの困った』お任せ下さい。早朝・深夜も緊急対応いたします。
タイト新鞍忠義似顔絵20120612_01.JPG
ちょっとした、ご相談もお気軽に★あなたの街の、タイトです!!
◇◇ フリーダイヤル『0120-531-106』
  *携帯からでも繋がります。

1  2

ページトップへ